thum13

近年耳にする機会が増えてきた「アフィリエイト」という言葉。

何となく知っている気になっていても、「アフィリエイトについて説明して下さい。」と言われてすぐに説明できる人は少ないのではないでしょうか?

そこで、今回は、図解や実例を使いながらアフィリエイトについて分かりやすく解説しようと思います。

今からアフィリエイトを始める人も、とりあえず知識として知っておきたいという人も、この記事を読めばバッチリですよ!

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、一言で言うと「広告業」のことです。

「商品を紹介して広告料を貰う」というシステムであり、今話題のYoutuberの収入も同じ仕組みで発生しています。

では、百聞は一見に如かずと言いますので、まずはこちらをご覧下さい。

アフィリエイト解説

皆さんお馴染みの、ヤフーのホームページですね。

では、赤枠内の広告に注目してください。インターネットを利用していると、このような広告をよく見かけますよね。

結論から言うと、これが「アフィリエイト」です。

パソコンのホーム画面にはYahoo!かgoogleを設定している方がほとんどだと思いますが、このヤフーもホームページでアフィリエイトを行っているんですね。

では、これは一体どういった仕組みになっているのでしょうか?

広告主とアフィリエイター

実は、アフィリエイトの仕組みはいたってシンプルで、

「ホームページに広告を貼り、商品を宣伝してあげることで、その商品が売れたら謝礼として広告主の会社から報酬がもらえる。」

というシステムになっています。

今回の例であれば、Yahoo!がGYAOの商品を宣伝しているので、GYAOがYahoo!にその広告料を支払う、という形になります。

また、この例は企業単位での話ですが、アフィリエイトは個人でも行うことが可能です。

(アフィリエイトを個人で行っている人は俗にアフィリエイターと呼ばれます。)

その場合、自分が運営しているサイトなど(SNS・直接販売など、その手段は何でもOK)で商品を宣伝して、誰かがそれを購入してくれると、そのお礼に報酬が貰えるという形になりますね。

以下の図解を見ればシンプルに理解出来ると思うので、こちらをご覧ください。

afiliate-zukai1

簡単に説明するなら、「商品を紹介し、それが売れたら、そのお礼として報酬が貰える。」ということですね。

しかし、いざアフィリエイトを行おうとしても、広告なんてどこから貰えばいいのか見当もつきませんよね。

企業に直接連絡しても取り合って貰えないでしょうし、もし取り合って貰えても、複数の商品の広告を掲載しようとすれば、それだけ多くの企業とコンタクトをとる必要が出てきてしまいます。

そこで、広告を掲載して欲しい企業(広告主)と、広告を掲載したい人(アフィリエイター)の仲介役として機能するのがASP(Application Service Provider)と呼ばれるサイトです。

広告の管理人「ASP」

ASPとは、先ほどもお伝えした通り、企業とアフィリエイターを繋ぐ役割を担っています。

具体的には、広告主から広告を募り、そうして集まった膨大な種類の広告を、アフィリエイターに紹介する役割です。

現在、A8.net・ハピタス・楽天・amazon・・・など、非常に多くのASPサイトが存在しており、アフィリエイターは基本的にこのASPに登録し、好きな商品を選んで広告を発行してもらうことになります。

afiliate-zukai2

上にASPも含んだ4者(広告主・ASP・アフィリエイター・購入者)の関係を示した図解を用意しましたので、こちらでその関係をしっかり理解しましょう。

アフィリエイトの実例

広告を通して商品を販売すると言っても、その手法は数え切れないほど存在しています。

サイトアフィリ・SNSアフィリ・メルマガアフィリなど、その種類は様々です。

今回はサイトアフィリとSNSアフィリをピックアップして、その実例を紹介したいと思います。

サイトアフィリ

  • ファニップ(トレンド系のサイト)
  • TABIZIN(旅をコンセプトにしたサイト)
  • Grapps(主婦層をターゲットにしたサイト)

企業ではなく個人で運用されているであろうサイトを3つ挙げてみました。

サイトアフィリは、何らかのコンセプトを持ったウェブサイトを作り、サイト内に広告を埋め込むことで収益化するという仕組みになっています。

ネットビジネス初心者によく勧められるトレンドアフィリエイトもサイトアフィリの1種です。

トレンドアフィリとは、誰でも取り組めるトレンド系にコンセプトを定め、芸能・スポーツ・雑学などに関するサイトを構築して広告により収益化を図るモデルのことを指します。

SNSアフィリ

最近では、Twitter・Facebook・LINEなどのSNSを利用したアフィリエイトも多く見られるようになってきました。

Twitterを利用している人なら以下のようなツイートを見たことがあるのではないでしょうか?

twaf

これは、リンク先が広告になっているツイートであり、タイムラインにさりげなく広告を入れることで収益化を図っていることになります。

このように、SNSアフィリとは、何らかのコンテンツを発信してリスト(Twitterならフォロワー、Facebook・LINEなら友達)を獲得し、タイムラインに広告を流して収益化する仕組みのことです。

今話題のYoutuberが報酬を得る仕組みも、SNSアフィリの仕組みとほぼ同じであり、動画の再生数に応じた広告収入だけでなく、動画全体を使って商品を紹介して概要欄に広告を貼って収益化している人もいます。screencapture-youtube-watch-1480477945655

今稼げるのは〇〇アフィリエイト

ここまで、アフィリエイトの仕組みやその種類について解説してきましたが、結局どのモデルが1番収益化しやすいのしょうか?

答えはSNSアフィリ(ツイッターアフィリ)です。

ツイッターは今国内だけでも2000万人以上のアクティブユーザーを抱える第市場に成長し、ツイッターだけで月収10万円以上稼いでいる人は数え切れません。

僕自身、ツイッターでの最高月収は58万円と、大きな結果を残した実績があります。(ツイッターアフィリだけでの数字です。)

また、ツイッターアフィリは、アカウントを作成してASPに登録するだけなので、初期費用0円から始められる点も魅力的です。 (サイトアフィリの場合は、最低でもサイトを開設するのにサーバーとドメインの契約料金が発生してしまいます。)

ですので、アフィリエイトに興味がある方は、ツイッターアフィリから始めるのが賢明です。

また、僕は現在、ツイッターアフィリで月収10万円突破する方法を体系的にまとめたメルマガを発行しています。

無料で購読できるので、ぜひ1度ご覧になってください。

無料メール講座

関連記事